• 披露宴などに参加して、よく漠然と祝電が読み上げられるのを聞いていて、アレってどうやってするのって思ったことがあります。
    電報と同じなので、局番なしの115番に電話するとやってもらえるというのは、落ち着いて考えればすぐにわかりました。
    実際に電報をするために電話をしてみると、定型文なんかが用意されていて、注文はラクでした。
    とはいえ、そういうのでは、あまり魅力的ではありません。
    とはいえ事前に文章を考えるのはタイヘンです。
    そういう方のために、今はWEBサイトで祝電をする方法がありますよ。
    オススメは『電報ドットネット』、コチラのサイトには、数多くの魅力的な文章もありますし、電報の仕様もさまざまです。
    自分の目でみられるのがいいですよね。
    相手に気にいってもらえたとき、きっと記念でとっておいてもらえるようなモノになるでしょう。
    http://www.denpou.net/style_condolence.html