• 梅毒という病気の恐ろしい所は、自覚症状が必ず現れる性感染症と思われていますが、初期段階では無症候な場合もあると言う事です。
    自覚症状がないという事は、その時期にセックスをしてしまうと、知らずに内に感染させてしまう可能性があるという事になります。

    その為、感染したと自覚症状が現れた時には、すでにパートナーも同じ性病に感染してしまっている可能性が高いという事になるのです。
    そのような場合には、一緒に検査を行うか、まずは自分だけ検査を行い、陽性の場合には、改めてパートナーに検査をお願いするようにしてください。
    恥ずかしいと思われるかも知れませんが、感染者を増やさないようにするために必要な事です。

    まずは、HIV感染症やクラミジア感染症のように無症候が多い病気とは違うという認識を捨て、無症候の可能性がある事を自覚し、ちょっとでも異変があったような場合には、なるべく早く病院へ行き検査をするか、自宅に郵送してくれる検査キットによる検査を行うようにしてください。

    性病の事をもっと詳しく知りたいという方や、検査キットに興味があるという方は、もしかして自分は梅毒なのかも、と心配になった方は、自宅にて使用できる性病検査キットを利用してみましょう。