• 不運な交通事故発生から、ようやく提示された示談金額に納得から了承するも、加害者側の経済的事情から、支払う意思表示に反して実際に支払われぬままという展開もまた、水面下で数多く見られています。
    こうした被害者側がいわゆる「泣き寝入り」を強いられる展開は、交通事故のみならず、さまざまなケースでの被害者に共通して見られますが、ここで被害者側として踏ん張るべきポイントが幾つか存在しています。

    1つはこうした泣き寝入り状態とならぬよう、確実に示談金を確保出来る環境を構築する作業ですが、これには弁護士など然るべき専門知識と資格を有する存在が欠かせません。
    そしてもう1点が、安易に提示された示談金、すなわち賠償金関連に対し、首を縦に振ってしまわぬ姿勢です。

    交通事故の賠償金額には、公的に採用されている計算式が存在しますが、全ての事例がこうした事務的算出に基づく金額で合意出来る被害状況とは限りません。
    決して意味なく賠償金額をアップさせる訳では無く、然るべき理由に基づいての増額を求める権利が、当然被害者側に与えられています。
    時に加害者側、そして保険会社との折衝に際し、必要かつ効果的なノウハウを理解の上で臨む事で、金額面の交渉から増額に繋げられる可能性を、無用な遠慮から見過ごしてはなりません。