• ビットコインは、国際化時代にあって国境を越えての普遍的な経済的価値を持つ通貨として世界的にも浸透しつつあります。
    ただ、その扱い方については国によって相違するのも事実です。
    例えば、ドイツでは通貨として法的にも認めている面がある一方、中国のように通貨として認めないという様に対応が分かれています。
    その他にも、インドネシアやロシアは利用自体を禁止している国です。
    日本においても、ビットコインの扱いは銀行や証券業においては認められていない通貨とされています。
    そして、その扱いについては価値を持つ電磁的記録とされており、デジタルデータとして捉えられているのが一般的です。
    もっとも、日本の民法においては、強制通用力がないという理由で通貨ではないとしています。
    そのため資金決済に関する法律の対象にもならず、そのデジタルデータを民法における物権法での物や財物といった動産としてもみなされないです。
    刑法においても、窃盗罪の対象とされるものではなく、電磁的記録を対象とした刑法による適用を受ける性質があります。
    このように日本においても、法的な規制がまだ未成熟な点も多く、あくまでも個人や企業の自己責任においての私的利用に留まるとされるものです。
    ただ、今後は日本においての普及状況などにおいては、将来的には新たな法律による規制も発生する可能性があります。https://www.coin-portal.net/2015/09/10/1644/